太陽光発電所が発火した後、どのような問題に注意を払うべきか?

- Sep 20, 2018-

1.泡消火剤や水を使用せずに、化学乾燥粉末消火剤(リン酸アンモニウム乾燥粉末消火剤、リン酸アンモニウム粉末消火剤)を使用して太陽光発電設備を消火する。

2.ケミカルドライパウダー消火器を使用する場合、本体、ノズル及び充電体の電圧が10kV以下の最小距離は0.4m以上とし、35kV以上の電圧は、 0.6mより。

高電圧の電気機器または太陽光発電所のラインが接地されている場合、屋内の消防職員は、障害点から4m以内に入らないこと。 屋外の消防職員は、障害点から8m以内にいてはならない。 上記の範囲を入力する場合は、断熱靴(耐電圧10KV以上)を着用する必要があります。 機器のケーシングやフレームに触れる際は、手袋を着用してください。

3.消防士が救助を支援するよう要求された場合、消防士は、屋上の太陽光発電装置に依然通電しており、DC側の電源を一時的に遮断できないことに注意する必要があります。